おすすめの「閉め忘れ防止」アイテム

閉め忘れ防止アイテムを使う4つのメリット

【閉め忘れ防止】閉め忘れ防止アイテムを使う4つのメリット

 玄関や窓の閉め忘れ、心配ですよね。玄関や窓の閉め忘れに関してはこんな悩みもあるのではないでしょうか。

 

 

戸締まりし忘れが多い…これって病気?アルツハイマーとか認知症?ADHDとか発達障害?


 

 

鍵掛けたっけ?心配…これって「強迫性障害」?


 

 

小学校の子供の留守番は心配。戸締まりを徹底させなくては…


 

 

冷蔵庫や風呂が古くて…閉め忘れ防止方法は?


 

具体的な閉め忘れ防止方法は「指差喚呼

 最も基本的な閉め忘れ防止方法は「指差喚呼」となります。

・目視で確認する
・指でさして確認する
・声に出して確認する

 これらの動作をすることで、閉め忘れを防止につながります。
 しかし、この動作だけでは不十分なこともありますよね。例えば、以下のようなケースです。

・「指差喚呼」したかどうかすら不安である(強迫性障害)
・自分だけが「指差喚呼」をしても意味がない。家族全員・社員全員が実行しなければならない(家族全員が閉め忘れ防止できる仕組み作り)

 

閉め忘れ防止のアイテムは?

 注意を払っていても、閉め忘れをしてしまうこともありますし、自分はしっかりしていても他の人が自分と同じ分だけ注意を払ってくれるとは限りません。また、注意をしていても「戸締まりしたのか」と不安になることもあるでしょう。
 これらを解消してくれるのが「閉め忘れ防止アイテム」です。「閉め忘れ防止アイテム」を使うことで、以下のようなケースに対応します。

 

病気の人を責めない仕組み作りができる

【閉め忘れ防止】病気の人を責めない仕組み作りができる

 アルツハイマーや認知症、ADHDや発達障害など、注意をしていても戸締まりを忘れてしまうこともあります。それは仕方のないことなのです。
 ですが、仕方のないことで済まされないのが戸締まりなどの「閉め忘れ」ですよね。
「閉め忘れ防止アイテム」を使うことで、戸締まりに関してより注意深くなりますから、「なんで閉め忘れたんだ!?」と他人を責めることも少なくなりそうですね。

 

「閉め忘れ防止アイテム」は自分にも役立つ

【閉め忘れ防止】「閉め忘れ防止アイテム」は自分にも役立つ

 閉め忘れ防止アイテムは「あれ?ちゃんと鍵を閉めたんだっけ?」と心配になちがちな方にも一役買ってくれます。きちんと閉めたのか分かりますので、心に余裕を持って生活することができます

 

「閉め忘れ防止アイテム」は小学生のお子さんの留守番にも使える

【閉め忘れ防止】「閉め忘れ防止アイテム」は小学生のお子さんの留守番にも使える

 小学生のお子さんを留守番させることもあると思います。そんなときにも「閉め忘れ防止アイテム」は活用できます。
 種類は様々ですが、中にはスマートフォンに通知をしてくれるものもありますから、共働き世帯でも使えそうですね。

 

蛇口の閉め忘れに対応しているものもある

【閉め忘れ防止】蛇口の閉め忘れに対応しているものもある

 閉め忘れというと玄関の閉め忘れをイメージされる方も多いと思いますが、蛇口に付けられるタイプもあります。
 これにより、水の出しっぱなしを防ぐことができますし、お風呂のお湯が溢れる心配も減ります


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ